内蔵機能の疲れ

お腹

現代人の体は病気ではないが健康でもない未病の状態が多いといわれていて、健康レベルが低下することによって免疫力にも影響してきます。スポーツをすると体は一時的に疲労をして休むようになっていますが、体内で活動している内蔵機能は常に働かないといけません。そのために腸内環境を整えていないと、免疫力がいつの間にか落ちてしまい病気になりやすい体になってしまいます。腸内には体に良い影響を与える菌が存在しているので、食事で積極的に取り入れることで健康な体になっていくことが腸活です。腸活をすることによって便秘気味だった人は便通がよくなったり、肌の調子が悪かったのが急に良くなることもあります。腸活による効果はアレルギー改善なども知られていることや、精神的なストレス解消にも繋がってくるので働いている人にとって大きなメリットです。

発酵食品のメリット

食事制限

腸内環境を良くしていくにはどのようなことをやっていくのがいいのかというと、それは日本に昔からある味噌やヨーグルトなどの醗酵食品です。健康促進や病気予防にいいとされている味噌は、味噌汁として食事のアイテムとして飲む人が多くいて、その効果は海外からも注目されています。腸活にはこういった味噌などの食品をとることや、食べやすいヨーグルトなど子どもでも体内に取り込みやすい乳酸菌を利用することで腸内環境は活性化します。