HOME>特集>便秘解消は夜に内蔵が働くときが有効と言われます

睡眠と内蔵

野菜

腸活は内蔵の働きを正常にし、美容と健康に役立てることです。特に便秘は内蔵の働きと緊密な関係にあります。この腸活は睡眠との関係が大きいともいわれます。良質な睡眠、深い眠りは、自律神経の副交感神経が働いている状態が必要で、最も効果があると言われます。良質で深い睡眠をしている状態は脳がリラックスしていて、これに伴い身体全体もゆったり休息している状態です。当然、内臓もゆったり働いていますので、朝目覚め食事をとったとき、自然の便意をもよおします。自然の便意とは、一晩ゆっくり休んだ内臓が食物をとったに起こる内蔵の排便のための運動のことです。これが排便を促すのです。

内蔵を休ませる方法

お腹

腸活が最も効果的な方法である、夜に腸を休ませるためには、寝る前の食事に気を付ける必要があります。出来るだけ夜食は摂らないことと、夕食は腹八分とすることが肝要です。これで内臓を休ませれば、翌朝に適度な食欲を感じるはずです。

寝る前の環境

良質で深い睡眠をとり、腸活を効果的にするには、就寝前と就寝中の環境も大切です。まず、就寝時に明るい光を浴びないことです。明るい光は脳を活動的にしてしまい、腸活には良くありません。また、寝具も問題になります。特に腸活との関係では肌触りの良い腹巻などが効果的と追われます。