HOME>イチオシ情報>女性を中心に広がりや人気となっている腸ケア
野菜

身体の内側からが基準

今、女性を中心に健康食品を使った痩身が話題ですが、「身体の中からキレイになる」腸活を始めている人は増えています。運動と食事ならばどちらを選ぶべきかと問われれば、両方を取り入れるのが正解です。腸活を始めてみれば、次第に効果を得られるものの、腸活を行って効果が期待できる内容には違いもあります。例えば、肌が荒れる・肌調子が悪いのならば、悪玉菌をやっつけて善玉菌を増やす腸内ケアは有効性があります。体重が増えたから、健康食品を使ったダイエットと合わせるにしても、食べる量やバランスが問題です。生活習慣病など、他の病気の原因にしたくないから、この基準で選ぶことが正解です。ちなみに、吸収率の高い健康食品では乳酸菌飲料、スムージーやスープなどです。効果てきめんなのは、腸内バクテリアをやっつける善玉菌で、増やす・活発化させる、そうした菌配合の健康食品です。

食べられる幸せを噛みしめる

腸活はデトックス効果があることからも、老いないダイエットとして人気です。中でも、マクロビオティック食は「穀物、旬の野菜、豆や海藻」を主体にした日本型の食事で、慣れ親しみからも人気です。食物繊維が豊富な食事なので、とても満足感が高いそうです。未消化とならないように、よく噛むために小食にもなるようです。小食でも1日3食食べることができ、食事制限によるストレスもありません。小食だから4食や5食に分けることもでき、ダイエット効果は絶大だといわれています。小分けでも、摂取したい推進量をしっかり取り入れることができるため、食べるダイエット向きとして人気です。